ホットヨガとヨガの違い

そもそもホットヨガってどういうものなのでしょうか?
「ポーズや動きが通常のヨガと違うの?」「温度が高い所で行う効果は?」
といった様々な疑問にお答えいたします。

 

ホットヨガは高温多湿

室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガのことを、ホットヨガといいます。明確に数字が決まっているんです。
なぜこの数字かと言いますと、この室温は一番体が柔軟になる温度として知られており、ヨガの動きをよりスムーズにすることができます。
湿度についても、多湿の方が当然汗を多くかきます。
通常のスタジオヨガと比べて、筋肉が温まっている状態から始められますので、
最初から体が柔らかく、より効率的に筋肉を伸ばすことが出来るのです。

 

室内環境

私が体験したところでは6台の大きなストーブと、6台の大きな加湿機がありました。それと、床からヒーターまで出ていたので、部屋にいるだけで、大量の汗をかきます。
経験してみてください、驚きますよ♪

ホットヨガのポーズは?

高温多湿の環境で行うため、スタジオで行うような激しいポーズでは汗をかきすぎてしまいます。
水分補給をしても追いつかず、脱水状態にまでなってしまうこともあるんです。
ホットヨガのポーズはあまり激しいものは行いません。じっくりと、普段使っていない筋肉をほぐす形となります。

 

ホットヨガは体にいいの?

発汗作用が高まり、老廃物を出すと、デトックスにつながります。デトックス効果は、ヨガよりもホットヨガの方がかなり効果が期待できます。
そのまま体質改善できると、有酸素運動をしたとき、汗をかきやすい体になれます。代謝がよくなることで、女性の天敵でもある便秘解消にもつながりますよ。

ダイエット効果

これに関してはあまり効果が出てないと言った意見が多いです。ホットヨガの消費カロリーは400kcal程なので、菓子パン1つで元通りです。余分な水分が出て、痩せることはありそうですが、脂肪燃焼効果は今一つといったところでしょうか。
さらに注意点があります。ホットヨガに行けば必ず「レッスン前後2時間は食事をしないようにしてください!」と言われます、なぜかといいますと、レッスン後は体内の吸収率が上昇しています。この時、糖分や脂肪を多く摂取してしまうと・・いつも以上に吸収されて、体重増加に繋がります。
しかし、残念なことにレッスン後はとってもお腹が空きます。
しかも同じ受講生同士の交流もありますので、ほとんどの人が2時間以内に食べてしまうという結果に(笑)まあしかたないですよね。コミュニケーションも大切ですし。楽しくホットヨガをしたいですね。

どこで習うの(有名スタジオ紹介)

(ホットヨガスタジオLAVA)

一番有名で、都内に店舗も多数あります。最も通いやすいスタジオですね。

 

(カルド)

遠赤外線の付いた床暖房が良く効きますね♪。業界最安値の価格帯が魅力です。

 

(オー&ラビエ)

創業10年を迎えるホットヨガの老舗。
ダイエット、産後ヨガなど様々なプログラムがあります。

 

ホットヨガは自宅ではできない為、必ず通うことになります。自分に合った教室が見つかるといいですね。

その他のメリット

沢山の汗をかいた方が、運動したぞー!という気持ちが強烈なため、
モチベーションも上がりそうです

 

デメリット

まず、自宅では不可能といったところでしょうか。行く手間がどうしてもかかります。
次に教室の料金が高い点も考慮しなくてはいけません。月額約9,000円程かかります。
さらに、汗だくになるため、レッスンが終わった後、そのまま街ブラ、なんてことはできないですね。
このように習うにはいろいろと、敷居が高いレッスンとなります。

 

まとめ

やはりデトックス効果が最大の魅力と言えるのではないでしょうか。ホットヨガほど汗をかくことができる運動はそうそうありませんし、ストレス解消効果は相当高いと思います。
体温が上がること自体健康にいいですものね。体温を上げて、普段の可動域よりも多くの筋肉に刺激を与えることで柔軟性アップにも繋がるかと思います。